エステートセールの意味!日本でも広まる?戦利品はどんなもの?

エステートセールとは、

アメリカで広く知られている、

生前整理や故人の遺品整理の方法です。

 

日本でも「生前整理」や「終活」

という言葉がずいぶん有名になり、

生前の準備を前向きにとらえる人も

多くなりました。

 

気になるエステートセールの詳細、

日本では広まりつつあるのか?

どんなものが売られるのか?紹介します。

 

 

エステートセールの意味とは?

エステーとセール(Estate sale)の

エステートの意味は「財産」「土地」

といった意味があります。

 

持っている家財をまるごと売却(セール)する

催しがエステートセールです。

 

 

家の持ち主が、

・引っ越すとき

・亡くなったとき

・病院に入院するとき

・老人ホームに入るとき

 

などさまざまな理由で

エステートセールが行われます。

 

 

家電、家具、食器、衣類など

さまざまな遺品が売却されますよ。

 

家にある物はすべて売却できるため、

布団や空き瓶から、なんと鉛筆1本まで

様々なものが売りに出されるんです。

 

 

気になる値付けについては、

ほとんどの場合プロの業者が行い

販売まですべて仕切ってくれます。

 

合理的といえば合理的ですが、

販売方法がダイナミックですよね。

 

さすがアメリカ…と日本人からすると

ちょっと驚いてしまいます。

 

 

私の周りではそんな話は

聞いたことがなかったのですが、

日本でのエステートセールの状況と、

今後広まっていくのか?も気になりますよね。

 

 

エステートセールは日本にもある?広まらないワケは?

アメリカでエステートセールが

行われる主な理由は

家の持ち主が亡くなったときです。

 

故人の遺品を残らずすべて処分して

親族がお金を相続するシステム。

 

エステートセールを初めて知った時、

私もかなり驚いてしまいました。

 

 

ありがたいことに私の親は健在なのですが

親と遺言や生前整理のことについて面と向かって

話すことはなかなかできません。

 

エステートセールが日本で広まっていないのは

遺品という言葉に対する

イメージの違いではないでしょうか。

 

愛する家族が愛用していた遺品を

「売る」という発想自体がもともとありませんし、

 

購入する側になって考えても、

故人の想いがたくさん詰まったものを

見ず知らずの自分が購入していいのか?と

葛藤してしまいます。

 

所持品やかわいがっていたお人形だと

「持ち主の心」まで入っていそうな気が

してしまいますし…。

 

 

しかし今、

日本でもエステートセールを展開している

企業も少数ですがあります。

 

不用品などはリサイクルショップに

持ち込むのは抵抗がありませんし、

フリマアプリなどで不要な物を売ることも

簡単にできて便利ですよね。

 

今は少子高齢化核家族が多いので、

これからは亡くなった人の家財の処分の方法も

さまざまな形がふえる可能性がありますよね。

 

これからは日本の文化に馴染んだエステートセールを

始める企業も増えるのではないでしょうか。

 

 

次はエステートセールで実際に

買ったものの口コミを紹介します。

 

 

エステートセールの戦利品はどんなものがある?

SNS上ではこんなものを買ったよ!

という声もありましたので紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、これって本当に

家中のものが

「まるごとセール」になるんですね!

 

 

エステートセールで特に人気がある物は、

食器や家具などのビンテージ物や

アンティーク品です。

 

現代では手に入らないような

レトロなテキスタイルのキルト生地や

ブランドの食器や家具など…

 

コレクターにはたまらない

掘り出し物がある場合も多いので

朝から行列ができるそうです。

 

なんだかわくわくしてきますね(笑)

 

 

うちの実家にも未使用の食器や衣類が

たくさん眠っているのを思い出しました。

(なぜ使わずに大切にとっておくんでしょう…笑)

 

エステートセールとして売られていても、

そういった未使用できれいなものなどは

より手に取りやすいですよね。

 

不用品が大切に引き継がれる

エステートセール。

 

日本でもぜひ広まってほしい文化です。